ショウログ

kogakusyu翔が綴る日々の言葉。
<< 飛騨 | main | 飲んでミル? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
みとっち@my favorite
 遅れに遅れました。。。
パソコンは月曜には復旧してたんですがね(^^;

チキンジョージでのワンマンライブ!多数様のご来場ありがとうございました♪
神戸に住みながら関西でフリーのベーシストやりながら
見にいった事はよくあったんですが実は初めてのチキンでのライブだったので、
往年の偉大なプレイヤー達が踏んできたライブハウスという事もあり、
感慨深いものがあったライブでした。

バンド、自分のプレイ的にも何か降りてきたというか、
一皮むけさせて頂いたかな、そう感じるライブでした。

なんかあるんですよね。
特に歴史のあるホール、機材とかって何かが宿ってて、
パワーがもらえるという事が。

バナナホール(現AKASO)、移転前ブルーノート、ビルボード(旧移転後のブルーノート)、
ダイアモンドホールなどでは何か感じるものがありそのたびに、
自分の中の何かが変わってきた気がします。

でそのチキンジョージの真正面に輝くクリアケースに入れられた真っ赤なストラト。
多分このギターが今回のチキンジョージに何かがやどっていた一番の
原因なんじゃないかと思います。

そのギターの持ち主は、


神戸出身の日本が世界誇るギタリスト「大村憲司」

以前、五輪真弓の事を書いた時に少し名前が出てきたんですが、
覚えてらっしゃいますでしょうか?

日本のポップス、フュージョンシーンの中心にいたといってもいいギタリストです。

軽くプロフィールを。

大村憲司

1949年5月5日−1998年11年18日

兵庫県神戸市出身。甲南高等学校を卒業後、1969年ヤマハ・ライト・ミュージック・コンテストのロック部門で優勝[1]1970年アメリカに渡り、フィルモア・ウェストのステージに立つ。1971年帰国し、上智大学国際学部[1]へ入学する一方、赤い鳥に参加。1973年に赤い鳥を脱退し、村上秀一らと「エントランス」を結成。続く1974年バンブー1975年カミーノを結成。 1980年YMOのサポートギタリストとして国内およびワールドツアーに参加。その後1980年代はアレンジャーとして山下久美子のヒット曲「赤道小町ドキッ」をはじめ、大江千里本田美奈子などの楽曲を手がけている他、セッションギタリストとしても数多くの楽曲に参加。またその卓越したギターテクニックや知識により『ギターマガジン』のエレクトリックギターのレビューを担当。「ギターを知り抜いた男」として試弾きし、インタビュー形式で適切な評価を与えていた。

1998年11月18日、肝臓病(アルコール性肝炎)で死去。享年50(満49歳没)。
(Wikipediaより抜粋)

ここに付け加えるとしたら矢野顕子、吉田美奈子、大貫妙子、五輪真弓、山下達郎、近藤房之介などの
日本を代表するヴォーカリスト達からの絶大なる信頼と
ハービー・メイソンがプロデュースした初のソロアルバム、小曽根真のフュージョン作品など
多岐ジャンルに渡って活躍。

憲司さんの曲で故郷を思って書いたというリーヴィング・ホームという曲がありまして、
自分の故郷、もちろん神戸の事をおもって書いた曲を
神戸祭りの日にライブでやってるんですがもうそれが素晴らし過ぎる。
テクニックどうこうじゃなくて歌なんですよ。

僕の中ではぜひいつかチキンのステージで演奏したい曲です。

そしてその憲司さんの最後のステージがおそらくチキンジョージだったんじゃないかと
オーナーの方がおっしゃられてました。
いつも最後まで打ち上げにいる憲司さんが珍しく調子が悪いので帰るといって
チキンジョージを後にした1週間後の獅子座流星群が舞い振る11月18日に逝ってしまわれました。

神戸を愛したギタリストが神戸の地、聖地といっても過言ではない
チキンジョージのステージがラストステージというのも何か運命というものを感じます。

あまり憲司さんに関する動画がなかったんですが、
亡くなってから特集を組まれたテレビ番組の動画があったので張って置きます。











僕が色々語るより日本の大先輩ミュージシャンの方の話が色々聞けます。
これからの若いプレイヤーで憲司さんの事を知ってるプレイヤーって
やはり海外のプレイヤーに比べたらどんどん少なくなっていくと思うんですよ。
でも日本人としてこんな偉大なギタリストがいたという事を語り継いでいってもらいたいですね。

お返事〜。

>紫ダウンのみやび
うん。楽しいのが一番(笑)

>mihoさん
空耳アワーですよね?タモリ倶楽部の。
好きでしたわぁ〜(笑)
まだやってるんですかね?

>れいかさん
曲を書いた人が歌うとその歌詞の本当の意味を感じとれるんですが、
それを他人が歌うとまたそこに歌い手の独自の解釈と感情が生まれるので
そこをしっかり感じさせてくれるカバー曲はすごい聞いてて面白いですね!

>トモコさん
川村結花さんのも何回か聞いた事あります。
またスガシカオとは違った目線で歌ってらっしゃるので
作詞者と作曲者の目線が違うっていうところも感じれて面白いですね。

徳永英明はね〜どうも最近出してるカバー集は商売臭くて僕は無理なんですよ。
実際のところどうかはわかりませんがね(^^;
昔の壊れかけのRadioとか夢を信じてとかは大好きなんですけどね!


あと最近のカバー集で言うとMR.BIGのボーカルのエリック・マーティンの出してる
日本の曲を英詩にして出してるCDとかDVDとか。
ぶっちゃけ殺意を覚えますねー。
「お前そんなにそれやりたくないやろ?」みたいな(笑)
んでやっぱりいいボーカリストなんでちょっとかっこいいんです(笑)
そこもなんだかなーと。
金のために音楽をやるのは悪い事じゃないと思うんですが
そういう臭いがぷんぷんするものを売るのどうかと。

実際はわかりませんよ?
実際は。

しかのDVDとCDが入って売ってるんですが、
全く同じDVDのライブを収録したCDなんです。
なんかこれも嫌だったな。

>またまたmihoさん
そうです茶色が息子で黒いのが娘です。
両方かわいいです。
ほんとに。(笑)
完全に猫派ですねー。
女性も猫みたいな性格の女性がタイプです(笑)

>きぃさん
ありがとうございます!
次は第C討任垢諭in鈴鹿♪

>またまたトモコさん
猫大好きです!
ってすごい数のにゃんこがいるんですねー!
ちなみに僕は猫アレルギーなんですが、
それでも飼ってるし顔をうずめたりするぐらい好きです(笑)

>またまたみやびさん
猫はいいよー猫は(^^)

では次回はきっちり月曜日に★(笑)
| - | 14:47 | comments(4) | trackbacks(1) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 14:47 | - | - | pookmark |
お返事1
今の楽しみは翔さん達の
笑顔、演奏、歌を見に行く事などです。チキンジョージ行きたかったです…

お返事2
猫は可愛いですよね★
自分も飼ってましたけど
ある理由で一緒に暮らせなくなっちゃって…写メは何枚か撮ってたので残ってますから見て元気かな?とか思ってます(笑)
因みに女の子でした
| みやび | 2010/05/20 6:21 PM |

神戸まつりとチキンジョージ、ダブルで行かせてもらいました!

すごく楽しかったです(^ω^)♪


神戸出身でそんな有名なギタリストさんがいたんですね!勉強になりました。


いつも憂鬱な月曜が楽しみに変化しました。これからも頑張ってくださいね!
| 梨月 | 2010/05/20 11:14 PM |

チキンジョージ、すごくいいライブになったみたいで何よりです☆
大村憲司さん最後のステージがチキンジョージだったって
初めて知りました。
何かが舞い降りたようなみとっちの演奏も聴きたかったです。

それと、いつもコメントに返信までありがとうございます!
返信も更新も無理はしないでね(^^
ついでに返信の返信〜。
私は昔から徳永英明さんが好きなのでカバー集VOCALISTシリーズは聴きます♪
彼のカバー全曲が良いとは思わないけどコンサートも良かったです。
やっぱオリジナル曲のほうが感激しましたけどね!
最初は販売目的ではなかったはずですけど…予想以上に売れたから…
今ではどうなんでしょ^^;
カバーアルバムは著作権があるから普通より儲からないとは言うみたいですけどね。

という私はカタカナの「トモコ」。
ひらがなの「ともこ」さんとは別人なんですよ(笑)
ややこしくてごめんなさ〜い^^;

| トモコ | 2010/05/21 9:33 PM |

翔に出逢ってから
太鼓チームってこんなにあるんだ…とか
ライブハウスってこんなのか〜(たまに素晴らしく不思議なバンドに出逢いますけど…)とか
知らなかった事をいっぱい知っていきます(^^)v

ギタリストもあゆのバックによっちゃん(野村)ついてる〜というように
テレビから知りえる情報ぐらいしか知らないし興味もなかったから誰が上手とかも考えた事がなかったです(^o^;

そんな有名なギタリストがいたこともみとっちのブログを見なかったら知らないままでした!

次回みとっちの一皮むけた演奏楽しみにしてますね♪
何故かアルコール性肝炎にて没!!っていうとこに目がいってしまいましたわ〜
みとっちお楽しみの毎日の一杯もほどほどにね(笑)

猫みたいな女性ですか…
何か振り回されそうですね(*_*)
私は猫でも犬?でも相手に合わせますよ♪
あっ!私の事は聞いてないか(笑)
| miho | 2010/05/24 12:29 PM |










http://sho-log.jugem.jp/trackback/322
VOCALIST4(初回限定盤B)(CD13曲+ボーナストラック1曲収録) |徳永英明
VOCALIST4(初回限定盤B)(CD13曲+ボーナストラック1曲収録)徳永英...
| これ欲しい | 2010/05/27 2:20 PM |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
+ PROFILE
+ RECOMMEND
Show-time!!
Show-time!! (JUGEMレビュー »)
Kogakusyu 翔
初のフルアルバム。
このアルバムから、新たにドラムやベースを加えての全11曲収録。
ジャケットはイラストにし、今若者たちをはじめ多くの人々が「興味はあるのに近づきにくい和楽器」と感じていることを、この『Sho-time!!』で変わっていって欲しい・・・そんな想いも込められています。
+ RECOMMEND
winter color
winter color (JUGEMレビュー »)
Kogakusyu 翔,yasuhiro yoshimura
冬は「寒い」・・・しかし、冬は「暖かい」といった事も連想します。逆に夏、「暖かい」という言葉はあまり使わない気がします。 同じ冬でも裏表がある。 つまり、長所が短所だったり、その逆ももちろん。人も見た目や表だけでは判断できないと言う事。「暖かい」世界になれば・・・そんな思いの曲です。
2曲目は翔には珍しいミドルテンポの歌曲。後悔のない人生を送って欲しい・・・「忘れない」。
そして、DVDの特典ありのヴォリュームたっぷりのマキシシングル!!
+ RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

待望の2ndアルバム。
今回のCDはこれからの翔の未来が詰まった一枚です。翔もこの一枚をきっかけに一歩ずつ前に進んでいきます。『翔ーstyleー』を聴いた皆さんのそれぞれの一歩につながればと思っています。
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ OTHERS
このページの先頭へ